2017/02/09

初路上ライヴ!反応は?そしていくら稼げたのか?

Boa noite! こんばんは
私はブラジルの経済状態が悪化していく時期に来てしまったようで、"食品の値上がり"や"政府機関や企業の経費削減"など、生活の中で実感してきました。インターネットによる情報では2017年から上向きになる見通しなのですが…(そう願いたい)。
音楽家もなかなか厳しい時期で、みんなありとあらゆる手段を使って生きています。
ブラジルでよく見かけるのが路上ライヴ。
昨日、初めてルイスとデュオで路上ライヴデビューをしてきました!


場所取り合戦??

日本もそうですが、路上ライヴはどこでしてもOK!という訳にはいきません。
限られている場所を沢山の人が狙っています。今回お邪魔したのはタトゥイの中では規模の大きいスーパーマーケットの入り口。
実は火曜日にライヴをしようとしたのですが、既にショーロ弾きのおじさんが演奏していたので諦めて撤退。
次の日は早めに行ってみたら、懸賞キャンペーンが開催されている…。
ここは思い切って交渉してみたところ、キャンペーンは18時に終わるとのことで、演奏させてもらえることになりました。良かった~。

どんな曲を演奏したのか?

これ、大切です。
私とルイスのデュオ "Duo Sassaricando" のレパートリーはブラジル音楽で、二人が特に好きなのはショーロなのですが、演奏する場所がスーパーということもあり、30代後半から60代の方に"親しみのある曲"を中心に演奏しました。

どんな曲が喜ばれるかというと…
・カルトーラやアリ バホーゾ等のサンバ
・ジョビンのボサノヴァ
・トッキーニョやジャヴァン等のMPB
・チン マイアやルル サントス等の思わず皆が口ずさんでしまう系ポップス
・ノヴェーラで使われる曲

上3つの項目は日本でも演奏する人が多いと思いますが、ノヴェーラって何??
ノヴェーラはテレビドラマのことです。ドラマで使われる曲は、長い間テレビで放送されるので有名です。

通り過ぎる人の反応、そして気になる結果は?

私もルイスも初めての路上ライヴ…場所取りが終わるまで少しそわそわしていました。
今回の目的は、組んで間もないデュオでの演奏経験を積むこと、名刺を置いて名前をしってもらうこと、そして少しでも稼ぐこと。
アドリブは1コーラス程度にし、約35曲を演奏(ルイスのソロ演奏あり)。人の出入りが多い18時から20時まで演奏を続けました。
入り口は狭いので、立ち止まる人は少ないのですが、通りすがりに「Bom Som!!」「Tocam muito !!」(いいね)など、声をかけてくれる人も。
なんとギターレッスンに興味があると連絡先を聞いてくる親子まで。
3人の音楽学校の先生と4人の友達も通り過ぎました。笑

そして、開いたギターケースに入っていた金額は…
R$113でした!! 日本円に換算すると4000円ちょっとです。
少なそうにみえますが、ブラジルの物価から考えると私の2週間分の食費です。
今、学校が休みで奨学金が貰えないので、本当にありがたや…。泣


タトゥイは南米最大の音楽学校があり、政府公認の"音楽の街"として知られているはずなのですが、実は音楽学校と街の関係はあまり深くありません。
音楽学校の学生って、朝から夜遅くまで家で練習したり、セッションしたりしているので、住民に嫌われるのもわかりますが。。
また、サンバやショーロ、MPB、そしてクラシックとJazzはブラジルの若い世代の音楽シーンから離れています。街の若者が好むのは流行のセルタネージョ(ウニの方ね)で、それはタトゥイ市営の野外劇場で毎週のように行われ、沢山の人が集まっています。
そんな背景から、私たちのデュオが受け入れられるか心配でしたが、想像以上に好印象でした。スーパーの店員さんも喜んでくれたようです。
ホールやライヴハウスの演奏も良いですが、こうやって気軽に音楽を聴いて貰えること、そして披露できることの楽しみを感じました^^


ランキング参加中!先週ブラジル情報Top3に入りました!
いつも応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村