2016/01/19

【実録レポート】イグアスの滝壺に突っ込んでみた!

前ブログでイグアスの滝巡りについて書きましたが、今回はオプションで楽しむことができる”Macuco Safari”についてご紹介したいと思います。

公式サイト http://www.macucosafari.com.br/br/macuco-safari
(写真:google検索より拝借)
このツアーは
・トレイル
・ウォーキング
・ボートクルーズ
の3つをアトラクションを楽しむことができます。所要時間2時間。
公式サイトより拝借
費用は近年値上がりしていてR$198と少々お高めですが、イグアスの滝壺に突っ込むなんて、一生に一度の思い出だと思えば・・・。
約3kmのトレイル
まずはトレイルから始まります。ガイドさんはポルトガル語、スペイン語、英語でイグアス公園の植物について説明。必要以上の手入れはされていない密林を進んでいきます。トレイルは動物を驚かせないようにエンジンは静かな仕様。
途中、すれ違う帰りのトレイルのお客さんの顔がなんだか疲れていました。いったい滝壺に突っ込むツアーはどんだけ恐ろしいんだろう。。

車を降りて約600mのウォーキングができます。ウォーキングは任意なので、そのまま車でボート乗り場まで行くこともできます。

ウォーキングで森林浴~♪
道は木の板で舗装されていますが、階段はけっこう急です。
そして本当に密林・密林・密林!!!途中、色鮮やかな蝶を沢山見ることが出来ました。

そしていよいよボート乗り場に到着!
ここで荷物を預けます。ブラジル人のおじちゃんが「石鹸忘れちゃったよ~」なんて冗談言っているように、完全に頭から滝のシャワー・・・というか滝打ちするわけです。
ここも水着が一番!!

幼少期に川で溺れたというトラウマ(??)もあり、正直かなり緊張していました。。
救命胴衣を身に着け、ボートへ案内されます。私達の前にいた家族が一番前の席に座りました。一番前はイヤだな~と思っていたので、間逃れて正直安心していたら、案内のお兄さんがノリノリで「一番前のスペシャルシートにご案内するよ~。」とごきけん。「え?一番前はもう埋まってるけど」と思ったら、お兄さんが指差した先はなんとボート先端のデッキ部分!!!笑 
いやいや、無理と思ってルイスの顔を覗くと「もちろんでしょ~!」という笑み。。
「絶対に放さないでよね!」と睨みを効かせデッキに座り、ボートの縁にあるロープを握り締めます。
ボートは猛スピードでイグアス川を逆流!
川を逆流するなんて産まれて初めて。途中、ボートが弾む度に心臓がびくっとしながらも、滝が見えた瞬間はなんだか冒険家が滝を発見した時みたいな、なんとも言えない感動を覚えました。
滝に近づくと撮影タイム。
アルゼンチン側の滝をバッグに記念撮影!
そしていよいよ。。
うわぁあああああああああ!!(写真:google検索より拝借)
滝に近づき、本当に突っ込んだ!!!
正直、前が何も見えません!!笑 滝壺の中で目開けていられません!
というかボートが凄い勢いで滝を目の前に旋回します。綱に捕まってなかったら放り出されてたかもしれない。。(実際はかなり安全対策されているので、ボートから放り出される事はないだろうけど、それぐらいのスリルでした)
ボート運転手のおじちゃん、大サービスで何回も滝に突っ込んでくれたけど、あまりの衝撃に私の心の中は「Nao quero mais... (もう結構です)」という感じでした。笑
私達が突っ込んだ滝はトレス・モスケテロスという滝。決して小さい滝ではありません。もし一番大きな滝がある悪魔の喉笛に突っ込んだら、生きて帰れないだろう。。
滝を後にし、ボートは出発地を目指して突っ走ります。

帰りは行きと違って恐怖感も消え去り、風を切りながら緑に囲まれた広い川を渡る気持ちよさをめいいっぱい感じることができました。自然の偉大さに感激。。

とにかく、最初は怖かったけど、せっかくイグアスの滝に来たなら体験して欲しいツアーです^^ 
※アルゼンチン側にもボートツアーあります

公式サイトに紹介動画がありました。

【実録レポート】世界遺産”イグアスの滝”を思い切り楽しむ!

充実した学校生活が終わり、夏休み。
その夏休みを利用して世界遺産である”イグアスの滝”に行ってきました。
今回はブラジル側の観光を思いっきり楽しむ方法を旅の面白エピソードを交えて書き留めたいと思います!


その前に・・・【世界三大瀑布】、全てご存知ですか?
・ナイアガラの滝(アメリカ・カナダ)
・ヴィクトリアの滝(ジンバブエ共和国・ザンビア共和国)
・イグアスの滝(ブラジル・アルゼンチン)
なぜか”ナイアガラの滝”をご存知の人は多いみたいなのですが、”イグアスの滝”って?という貴方のために、まずは紹介から^^

イグアスの滝って?

場所:ブラジルとアルゼンチンの国境
ブラジル側:パラナ州フォス・ド・イグアス市
アルゼンチン側:プエルト・イグアス市
大きさ:幅2700m、最大落差82m (ナイアガラは幅最大670m 、最大落差54m)
滝の数:275本
世界遺産登録:1986年

行き方
・空路
サンパウロ or リオ・デ・ジャネイロなど→フォス・ド・イグアス国際空港
※空港はイグアス国立公園と市内(セントロ)の間にあります。国立公園までバスで10分程度、市内まで30分程度
・長距離バス
各地から運行(ちなみにリオからは22時間、サンパウロから15時間)
※長距離バスターミナルから市内へは15分程度、市内から国立公園まではバスで40分程度。

シーズン
10~2月は水量が多く、4~6月は少ない。
水量が多いほうが迫力満点だが、遊歩道に接近できない時もあるとか。
(これは”地球の歩き方”の情報です)